Dreamcast開発環境構築【2】

前回でCygwinをインストールしたので、Cygwinを起動してDreamcastの開発に必要なソフトをインストールしていきます。 ソフトは http://gamedev.allusion.net/ にあるKOSと呼ばれるソフトをインストールします。

2015/07/16:追記
最新のCYGWINだとgcc4.9がインストールされコンパイル時にエラーが出るようになっています。
このページを参考にエラーメッセージを参照しながら、該当部分の先頭に(void)を入れればコンパイルが通るとは思います。
(makeinfoとかでエラーが出た場合は、texinfoを追加でインストールしてみてください。)

ただ、何かと面倒なのでこちらのほうが簡単だとは思います。

Cygwinでインストール先フォルダを作ります。

$ mkdir -p /opt/toolchains

 

作成したフォルダに移動してインストールに必要なファイルをダウンロードします。

$ cd /opt/toolchains
$ git clone git://cadcdev.git.sourceforge.net/gitroot/cadcdev/KallistiOS
$ git clone --recursive git://cadcdev.git.sourceforge.net/gitroot/cadcdev/kos-ports


pic103
  pic102

 

 

 

 

 

上のコマンドを実行するとディレクトリ上にフォルダが作成されるのでインストールスクリプトがあるディレクトリに移動します。

$ cd KallistiOS/utils/dc-chain/

 

このまま進めるとインストール中にエラーが出てとまってしまうのでパッチを当てる必要があります。

下のURLのページに行き、ページ下のほうに「dc-chain-kos-2.0.zip」へのリンクがあるのでダウンロードして解凍します。

http://dcemulation.org/phpBB/viewtopic.php?f=29&t=102800

 

解凍すると「Makefile」と「patch.sh」ができるので、2つのファイルを

<cygwinのインストールフォルダ>/opt/toolchains/KallistiOS/utils/dc-chain/ へコピーします。

 

 

インストールスクリプトを起動させていきます。まず、ダウンロードして解凍します。

$ ./download.sh
$ ./unpack.sh

パッチをあててコンパイルコマンドを実行します。 3時間以上かかるので気長に待ちましょう。pic106

$ ./patch.sh
$ make

 

 

 

 

KOSを使うための環境設定をします。

Windowsでテキストエディタを開き、以下の文をコピー&ペーストして保存します。

保存先は「<cygwinのインストールフォルダ>/opt/toolchains/KallistiOS/environ.sh」です。

ファイル名は大文字小文字の区別があるので注意が必要です。

## start
# Note: modified version of /opt/toolchains/KallistiOS/doc/environ.sh.sample, comments removed:

export KOS_ARCH="dreamcast" 
export KOS_SUBARCH="pristine" 
export KOS_BASE="/opt/toolchains/KallistiOS"
export KOS_PORTS="/opt/toolchains/kos-ports"   
export KOS_MAKE="make" 
export KOS_LOADER="dc-tool -x"   
export KOS_GENROMFS="${KOS_BASE}/utils/genromfs/genromfs" 
export KOS_CC_BASE="/opt/toolchains/dc/sh-elf" 
export KOS_CC_PREFIX="sh-elf" 
export DC_ARM_BASE="/opt/toolchains/dc/arm-eabi" 
export DC_ARM_PREFIX="arm-eabi" 
export PATH="${PATH}:${KOS_CC_BASE}/bin:/usr/local/dc/bin" 
export KOS_INC_PATHS="-I${KOS_PORTS}/include" 
export KOS_CFLAGS="" 
export KOS_CPPFLAGS="" 
export KOS_LDFLAGS="" 
export KOS_AFLAGS="" 
export KOS_CFLAGS="-O2 -fomit-frame-pointer" 
. ${KOS_BASE}/environ_base.sh
## end

 

ファイルができたらCygwin起動時に環境設定を自動的に読み込ませるために「.bashrc」ファイルを編集します。

「<cygwinのインストールフォルダ>/home/<ユーザ名>/」フォルダにある「.bashrc」ファイルをテキストエディタで開きます。

 

 

ファイルの最後に以下の1文を追加して保存します。pic108

保存するときは文字コード「UTF-8」 改行「LF」で設定して保存してください。

source /opt/toolchains/KallistiOS/environ.sh

 

 

追加した環境設定を適応させるため以下のコマンドを打ちます。

$ source ~/.bashrc

これでパスが通ってDreamcast用のソースがコンパイルできるようになります。

 

 

KOSに入っているユーティリティのコンパイルをするため以下のコマンドを打ちます。pic109

$ cd /opt/toolchains/KallistiOS/
$ make

 

 

 

 

KOS用ライブラリのコンパイルをします。pic110

以下のコマンドでディレクトリに移動してコンパイルができます。

$ cd /opt/toolchains/kos-ports
$ make

 

 

 

最後にサンプルファイルをコンパイルして終わりです。pic111

コンパイルをするには「/opt/toolchains/KallistiOS/examples」ディレクトリに移動して「make」コマンドを実行すればコンパイルできます。

(gitから持ってくるとlibk++が無いため一部コンパイルエラーが出ます)

$ cd /opt/toolchains/KallistiOS/examples
$ make

 

pic112

 

 

 

 

 

 

参考元

http://dcemulation.org/phpBB/viewtopic.php?f=29&t=102800

https://github.com/cjcliffe/CubicVR/wiki/Dreamcast-Build

 

One thought on “Dreamcast開発環境構築【2】

  1. Pingback: DreamShell toolchain コンパイル | 備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*