Dreamcast開発環境構築【1】

いまさらですがドリームキャストの開発環境構築をしてみたいと思い立ってやってみました。

Windwos上にCygwinをインストールして開発できるようにします。

まず、Cygwinのインストールからはじめます。

 

http://www.cygwin.com/ 左のサイトから setup-x86.exe をダウンロードして実行します。

すると以下のような画面が出るので「次へ」を押して進みます。

pic01

 

インストール方法を選択する画面になるので「Install from internet」を選択して「次へ」を押します。

pic02

 

インストールするディレクトリを選択する画面になります。

特に変更する必要がなければ「次へ」を押して進みます。

pic03

 

インストールパッケージを保存するディレクトリを選択する画面になります。

特に変更する必要がなければ「次へ」を押して進みます。

pic04

 

ダウンロード時のプロクシを設定する画面になります。

特に変更する必要がなければ「次へ」を押して進みます。

pic05

 

ダウンロード元を選択する画面になります。

どこからダウンロードしても同じだとは思いますが、日本からダウンロードするのならば日本のサイトからダウンロードしたほうが速いです。

ですので、「~~~.jp」とついているURLを選択して「次へ」を押して進みます。

pic06

 

インストールパッケージを選択する画面になります。

最低限Cygwinを実行するために必要なパッケージは選択されています。

開発環境を構築するために必要なパッケージをインストールするように設定します。

インストールするにはNewの列に注目します。

Newの列が「Skip」と表示されている場合は、インストールされないのでクリックして「バージョン番号」が表示されるようにします。

必要なパッケージは下にあるものをすべてインストールするように設定して「次へ」を押します。

  make
  gcc-core
  gcc-g++
  wget
  git
  patch
  libjpeg-devel
  libpng-devel
  libiconv
  mkisofs

pic06

 

インストール前の確認画面になります。

「次へ」を押して進みます。

pic08  pic09

 

しばらく待つとインストールが終了したがめんになるので、「完了」を押してインストールを終了します。

One thought on “Dreamcast開発環境構築【1】

  1. Pingback: DreamShell toolchain コンパイル | 備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です